豆乳の歴史


2007楽天ランキング
第2位のダイエット!

豆乳の歴史について少し触れてみましょう。当然ながら豆腐の主な材料は大豆。豆乳は豆腐を作る時にできるのに、不思議に豆乳は昔の人には馴染みが薄かったようです。豆乳は、豆腐をつくる時の副産物として昔から存在していたにも関わらず、豆乳として独立した食品として日本の食物史には全然出てきません。ところが、その豆乳は、全く飲まれていなかったわけではありません。一部の地方では昔、豆腐屋で豆乳を一升ビンなどに分けてもらい、家に帰って飲むという習慣がありました。豆腐は日本人に好まれてきたのに、豆乳が飲まれなかったのは青みのある味が受け入れられなかったからだといわれています。豆腐を作る時に出来る豆乳は、大豆のにおいがして飲みにくいところがありました。豆乳のこういった点を改善し、栄養化が高く飲みやすい豆乳飲料として独立した商品にできないかと、戦前から豆乳の味を改良する研究が続けられてきました。ようやく、この豆乳の研究の成果が出始めたのは戦後になってからです。日本の大豆たんぱく化学の研究が飛躍的に進歩したおかげで、1970年代に初めて近代的な豆乳の脱臭法が確立され、独立した商品として登場しました。その後いろいろな風味の原料を使用した味の多様化が進み、新しい豆乳は『古くて新しい食品』として、さまざまなシーンで愛されています。豆乳に砂糖などを加え飲みやすく調整されている調整豆乳などは現在置いていないスーパーはないというほど我々の生活に身近なものとなりました。


©健康豆乳ダイエット